How to buy 売買のあれこれ

不動産購入の手順

ご希望内容や方向性の整理
どの様な物件をどのエリア範囲で探していくかお決まりですか?
自らの希望や方向性が漠然としている場合でも、当社スタッフに詳細をご相談頂ければ、今後のアドバイスや物件のご提案が出来ます。

購入予算と資金計画の事前確認
資金繰りについては、物件探しの前にとても重要な事です。
自らのお手持金・年収による住宅ローン借入限度額・身内等からの資金援助・既に支払い中の他ローン残債・買替え・その他の状況により購入予算が大体決まってしまうからです。
当社にて住宅ローン事前審査の手続きや資金計画のシミュレーションも行っています。

物件資料チェックと実際の現地見学
物件情報のキャッチコピーと実際の現地にギャップがないか、自らご覧になって頂く事をおすすめします。当社スタッフが一緒にご案内のうえ、現地の内容についてご説明させて頂くことにより、後でお客様の物件選びの判断材料となれば幸いです。

購入希望物件の申込み
ご希望に合う物件が見つかりましたら、購入の申込みとして買付証明書にご記入頂きます。それを意思表示として売主様に提出し、諸条件等や契約日時の調整を行います。この段階で住宅ローン借入事前審査申込書を提出して頂く場合もあります。

重要事項説明及び売買契約
申込み後の各準備が整いましたら、宅地建物取引業法の規定に基づき、まずは購入物件の重要事項説明書を宅地建物取引士から説明させて頂き、重要な内容を十分理解された上で署名・押印を頂きます。
その後、売買の内容を確認頂いた上で契約締結を行います。その際、売買代金の一部として予めご相談の上定めた手付金をご用意頂きます。
売買契約書への署名・押印を頂き、契約成立となります。又、建設工事請負契約等では、後日中間金をご用意頂く場合があります。

住宅ローンの申込み
売買契約締結後は、速やかに金融機関へ住宅ローン借入申込書を提出して頂きます。土地・建物がそれぞれ別契約の場合、建物予定プラン見積りと後に続けて建設工事請負契約書の提出も要する為、事前に建物に関する総額見込みを立てておいた方が良いでしょう。ちなみに土地のみ購入の住宅ローンは原則ありません。
融資利用の特約期間内に住宅ローン審査が否認された場合、契約は解除となり手付金は返還されます。承認されれば各々次の段階へ進みます。

住宅ローンの金銭消費貸借契約
既に承認された住宅ローンについて、金融機関と金銭消費貸借契約を締結し、借入金額が実行出来る準備をして頂きます。

建物表示登記の申請
新築住宅の場合、建物完成の登録として引渡し前に建物表示登記の申請をして頂きます。

引越し準備と新居への住民票移転
現在のお住まいが賃貸の場合、退室明渡し希望日の1ヶ月以上前に告知し、引越しの準備を整えましょう。後の所有権移転や所有権保存の際、購入物件の住所を新居として登記して頂く場合、金銭消費貸借契約又は決済引渡しの前に先行して住民票を新居へ移転して頂きます。

購入物件の現地確認立会い
決済引渡しを行う前又は同日に、現地において売買契約の当事者立会いのもと、現況の最終的な確認チェックをして頂きます。

決済所有権移転及び引渡し
お客様のご利用される金融機関にて、売主様・買主様と司法書士・宅建業者・保険業者等の関係者立会いのもと、売買残代金や諸費用のお支払い及び所有権移転手続き、物件の鍵や書類のお渡しを同時に行います。
以上の決済完了と共に、売買不動産の引渡し完了となります。

住宅ローン控除・取得税軽減措置・贈与税控除
不動産を取得した時の税金の中で、要件を満たしている場合に限り控除や軽減措置が受けられるものがあります。

※上記は、主な流れを表わしたものです。売買取引にはあらゆるパターンがございます為、詳しくは当社の担当からご説明致します。

又、お手持ちの不動産を売却される売主様側についても、物件査定から販売引渡し迄の流れや、不動産を売った時の税金を詳しくご説明させて頂きます。

 

コメントは停止中です。